HHD

HHD2019-11-18T13:23:52+09:00

お知らせ

満足透析のための在宅血液透析

当院が目指す「満足透析」を達成するための方法の1つとして在宅血液透析を勧めています。家庭で透析治療ができるためメリットがたくさんありますが、デメリットや条件もあります。

施設で透析するには、開院時間とクリニックまでの移動時間を考慮しなければなりません。在宅血液透析は「自由な時間」に「ご自宅」で透析ができるため、より満足度を高くすることができます。

近年、異常気象により台風や豪雨が多くなってきており、施設への移動が課題となりつつあります。豪雪地帯に住む方も同様です。

満足透析のための在宅血液透析

特に睡眠時間を透析時間(オーバーナイト・ON)とすることで、できる限り透析時間に縛られない生活が実現できます。

在宅血液透析に興味がある方は、お電話(078-704-5201)、
または問い合わせページよりお問い合わせ下さい。

在宅血液透析のメリットとデメリット

★メリット
・社会復帰ができる(仕事に支障ない時間に透析ができる)
・家族との時間が増える(時間を有効に使える)
・自宅で自由な時間に透析治療ができる
・医療機関への通院が月1回になる
・十分な透析量を確保できる
・血圧が安定し栄養状態が良くなる

★デメリット
・自己管理・自己穿刺が必要となる
・介助者が必要不可欠であり、介護者も一定の訓練が必要
・自己負担がある(電気・水道代)月2〜3万円程度(透析時間と回数による)

当院での在宅血液透析(HHD)適応条件

(1)本人が希望し、介助者の同意があること
(2)自己管理(自己穿刺・装置操作含めて)できること
(3)大きな合併症がなく体調が安定していること
(4)主治医が在宅血液透析を承認しており、教育を受けられること
(5)在宅血液透析(HHD)に伴う部屋の改修工事が可能であること
透析医学会の在宅血液透析マニュアルおよび在宅透析研究会に準拠して適応条件を設定しています。

在宅血液透析開始までのトレーニング

在宅血液透析を希望されてご自宅で行えるようになるまでに約1ヶ月半くらいの期間トレーニングを行います。(個人差があります)開始までの流れは右図の通りです。

透析機器の自動化が進んでおり、従来よりトレーニングは簡単になっています。

画像をクリックすると拡大できます。

HHDチームの取り組み

HHDチームは在宅血液透析のメリットとデメリットを十分理解し、適応した患者さんに普及活動をしています。

HHDチームのスタッフが
・透析患者さんの状況により、在宅血液透析を説明。
・ご都合に合わせたトレーニングスケジュールを作成。
・実際のトレーニングと、ご自宅の下見。
・透析装置の手配。
・在宅血液透析開始後の外来とトラブル時の電話対応。
・ご自宅での透析装置の保守管理(3ヶ月に1回程度)
活動に従事しています。

画像をクリックするとPDFがダウンロードできます。

在宅透析に興味がある方は、お電話(078-704-5201)、または問い合わせページよりお問い合わせ下さい。

在宅血液透析に興味がある方は、お電話(078-704-5201)、
または問い合わせページよりお問い合わせ下さい。