第 17 回長時間透析研究会・第 24 回日本在宅血液透析学会に参加しました。

「第 17 回長時間透析研究会・第 24 回日本在宅血液透析学会」 日時 2022年 11月12〜13日 会場 大阪国際交流センター 【シンポジウム2】 11月12日(土) 長時間透析と栄養と食事 座 長 :鈴木 一裕 (医療法人援腎会 すずきクリニック) 長時間透析中の摂食の有無における糖質代謝とアミノ酸損失の検討 下門清志理事長 講演しました。 【シンポジウム2】 11月13日(日) Hemodialysis & Work balance 下門清志理事長 座長にて登壇しました。 【シンポジウム3】 11月13日(日) 透析治療における医療者と患者のコミュニケーション 座 長 :前田 兼徳(医療法人社団兼愛会 前田医院) 黒田 沙織(静岡県立大学大学院 [...]

第 17 回長時間透析研究会・第 24 回日本在宅血液透析学会に参加しました。2022-11-30T11:01:10+09:00

第67回日本透析医学会学術集会・総会に参加しました。

「第67回日本透析医学会学術集会」 日時 2022年7月1〜3日 会場 パシフィコ横浜   【シンポジウム29】 7月3日(日) よりよい長時間透析を目指して 司会: 山川智之(仁真会白鷺病院) 陣内彦博((医)社団瑛会東京ネクスト内科・透析クリニック) 【シンポジウム29-4】  長時間透析中の摂食の有無におけるアミノ酸損失と糖質代謝 下門清志理事長 講演しました。 2日目    口演 【HD・オンラインHDF-2】 座長: 山本裕美((医)社団藍蒼会しもかどクリニック) 山本裕美師長 座長を務めました。 7月初めというのに梅雨が明け、うだるような暑さの中、第67回日本透析医学会学術総会に参加してきました。 参加者は1万1千人で通年より少なかったということでしたが、廊下まで参加者があふれ入れない会場もあり熱気に包まれていました。 久しぶりの現地参加はやはり緊張感もあり、皆様に直接お会いしてお話しできたことはとても楽しく有意義な時間となりました。 これからも当院で蓄えられた知見を普及するため また研究会活動を盛り上げていくために頑張っていきます。 [...]

第67回日本透析医学会学術集会・総会に参加しました。2022-07-06T16:53:19+09:00

第27回日本HDF医学会学術集会に参加しました。

「第27回日本HDF医学会学術集会」 日時 2021年10月23〜24日 会場 広島コンベンションホール ワークショップ1 HDFによって期待できる症状の改善 座長 森石みさき(中島土谷クリニック院長) 松岡哲平(医療法人社団大誠会 理事長) 講演 「栄養状態向上」が重要となる高齢透析患者のHDF療法の現状 演者 下門清志理事長 下門清志理事長 講演しました。   シンポジウム2 高齢者のHDF管理 座長 水口潤(社会医療法人 川島会 理事長) 高橋直子(医療法人あかね会 大町土谷クリニック院長) 講演 HDF療法を受ける高齢患者の看護 演者 山本裕美 山本裕美師長 講演しました。       今回の日本HDF医学会はコロナウイルス 感染拡大防止WEBと会場でのハイブリッド開催でした。 Webとリアルの融合が進んで情報共有がスムーズになってきた印象でした。 これからも当院で蓄えられた知見を普及するため また研究会活動を盛り上げていくために頑張っていきます。

第27回日本HDF医学会学術集会に参加しました。2021-11-16T17:34:58+09:00

第31回日本臨床工学会にて発表しました。

「第31回日本臨床工学会」 ハイブリッド開催日時 2021年5月22〜23日 会場 熊本城ホール パネルディスカッション4 「望む姿と望まれる姿〜明るい未来へ向け、全世代でわいYディスカッション!〜」 座長 石塚后彦/田島陽介 講演 「透析看護師から見た若き臨床工学技士~スペシャリストかつゼネラリストたれ~」 演者 山本裕美 山本師長講演させていただきました。 今回の日本臨床工学会はコロナウイルス 感染拡大防止WEBと会場でのハイブリッド開催でした。 これからはWebとリアルの良いところを取り入れて柔軟に情報共有できればと思いました。 これからも当院で蓄えられた知見を普及するため また研究会活動を盛り上げていくために頑張っていきます。

第31回日本臨床工学会にて発表しました。2021-05-28T14:18:21+09:00

第36回HPM研究会にて発表しました。

「第36回HPM研究会」 LIVE開催日時 2021年3月20・21日 ・膜の性能評価 Ⅱ O-07 FIX-210 Uの前置換と後置換OHDFでの性能評価 ・その他 O-16 高血流・長時間透析後に3-メチルヒスチジン測定により体蛋白異化亢進と 診断した1例 今回のHPM研究会はコロナウイルス 感染拡大防止のため全プログラムをWEB開催でした。 これからも当院で蓄えられた知見を普及するため また研究会活動を盛り上げていくために頑張っていきます。

第36回HPM研究会にて発表しました。2021-03-26T12:00:07+09:00

第23回腎不全看護学会学術集会 一般演題にて発表しました。

「第23回腎不全看護学会学術集会」 LIVE開催日時 2020年11月21・22日 一般演題(口演) 看護ケア技術。 O2-06 下肢挙上が血圧低下時に有効かを考える 山本師長発表しました。 今回の学術集会はコロナウイルス 感染拡大防止のため全プログラムをWEB開催でした。 これからも当院で蓄えられた知見を普及するため頑張っていきます。

第23回腎不全看護学会学術集会 一般演題にて発表しました。2021-03-26T12:00:33+09:00

第26回HDF医学会学術集会 シンポジウムにて発表しました。

「第26回HDF医学会学術集会」 日時 2020年10月11日 会場 パシフィコ横浜会議センター シンポジウム3 HDFにおけるアミノ酸およびアルブミンの損失を考える。 治療条件、栄養管理、運動のコラボレーション 座長 政金生人/下門清志 基調講演 HDFにおけるアミノ酸およびアルブミンの損失 演者   下門清志 座長および基調講演を下門理事長発表されました。 当院・腎臓リハビリにご協力いただいている兵庫医療大学松沢先生も講演発表されました。 日時 2020年10月10日 会場 パシフィコ横浜会議センター シンポジウム1 HDFと透析運動療法の組合せを考える 運動療法をHDFに活かすために必要なことは? 講演 透析患者におけるサルコペニア評価の重要性:超音波の可能性 演者 松沢良太 (兵庫医療大学 リハビリテーション学部 理学療法学科) 今回の学術集会から日本HDF研究会は日本HDF医学会となりました。 またコロナウイルス 感染拡大防止のため全プログラムをWeb開催でした。 発表された方々に直接お会いできなかったのは残念でした。 これからも当院で蓄えられた知見を普及するため頑張っていきます。 [...]

第26回HDF医学会学術集会 シンポジウムにて発表しました。2020-10-13T12:48:44+09:00

第4回I-HDF研究会にて発表しました。

「第4回I-HDF研究会」 日時 令和元年12月8日(日) 9:00-15:30 会場 ソラシティカンファレンスセンター ワークショップ 「透析装置のプログラム機能を使いこなす」 下門理事長講演しました。 たくさんの先生方の真摯なご意見を聞かせていただきました。 今後も透析技術の発展に寄与できるように頑張っていきます。

第4回I-HDF研究会にて発表しました。2019-12-10T18:13:43+09:00

第30回東海透析技術交流会学術集会にて発表しました。

第30回東海透析技術交流会学術集会にて発表しました。 共催セミナー   共催:日機装株式会社 「QbQdコントロール online HDFによる安定透析の実践」 司会:森實 篤司(新生会第一病院) 講師:下門 清志 先生(医療法人社団 藍蒼会 しもかどクリニック 理事長・院長) にて 下門理事長 発表しました。

第30回東海透析技術交流会学術集会にて発表しました。2019-11-29T16:01:46+09:00

第22回日本腎不全看護学会学術集会に参加しました。

11月9日・10日、札幌にて開催された、日本腎不全看護学会学術集会に 参加してきました! 腎不全患者さまに対する看護という学会ですが、本当にたくさんの分野にまたがった発表を聞かせていただきました。 勉強させていただいた内容をしっかりと臨床につなげていきたいと思っています!

第22回日本腎不全看護学会学術集会に参加しました。2019-11-29T12:02:22+09:00
Go to Top